人気クリニックの必須条件

透析患者自身の日常生活への影響

透析を受ける人は、その場所までいって受けることになります。そしてそれは、繰り返し習慣として行く事になるのです。私の母親の場合も、一週間に2回の治療を受けることになっています。そのことについて、母親自身も辛いしその辛さが分かる家族も辛いですね。しかしだんだんとそのことに心身ともに慣れて来て、今は大丈夫となりました。最初に辛かったことの一つとして、その治療への送り迎えがありました。その治療は、4時間ぐらいかかります。その間にほかのことをして、そして治療が終了するとそこまで迎えにいくのです。

透析患者の家族の日常生活

私の場合は、一番下の子供が中学生だったのでとても困りました。それは自宅から遠くの中学に言っていたので、時々迎えに行くことがあったからです。子供の面倒と親の面倒とで自分の体もクタクタになることがあったのです。いつになったら楽になるのだろう、私が倒れてしまったらどんなことになるのだろうという、漠然とした不安も常にありました。透析をしている人は、それを続けながら安定してきたら仕事などをすることができますね。そのように、仕事をすることはとてもよいことと思っています。

透析患者の家族の協力

私の家族も透析をしています、そしてそのことについて最初はとても落ち込むことが多かったのです。安静にしないと、感染する等いろいろなことを心配していました。家族としても透析のことについて知らないので、その本人のいうことを信じていたこともありました。しかし、本人は自分の不安をいろいろと膨らませて私たち家族に伝えていることがわかったのです、そのことから、全て受け入れつつ冷静になることも必要と思っています。そしてその透析を受けていて、元気になることが出来ると仕事をし出しました。そのことはとてもよいことだと思っています。仕事といっても、半日だけですがそれでも生き生きとしています。やっぱり社会とのつながりをきちんと持っていることが、やりがいになりいいことだと思った事でした。

家計見直しクラブ|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|童話|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|サプリメント|心の童話|内職 アルバイト|女性向けエステ.com|オーディオ|GetMoney|英語上達の秘訣|お小遣いNET|